胃内視鏡検査

胃内視鏡検査とは?

上部消化管内視鏡検査では、口または鼻から内視鏡を挿入して食道・胃・十二指腸を観察します。一般に「胃カメラ」と言われている検査法です。医師がカメラを介して直接胃の中を観察することで、病気の早期発見、早期診断、早期治療に繋がります。

このような症状・状態の方はご相談ください

・胃胸やけ・胃がむかむかする
・のどまたは胸の違和感がある
・食べ物がつかえる
・熱いものがしみる
・食欲不振・ゲップが多い
・酸っぱいものがこみあげてくることがある
・ピロリ菌陽性、萎縮性胃炎と診断された
・家族に胃がんになった人がいる

当院の胃内視鏡検査の特徴

経口と経鼻の検査を選ぶことができます
経鼻内視鏡では鼻からスコープを挿入するため、「オエッ」となる嘔吐反射がかなり軽減できます。過去に口から検査を行って大変な思いをした方も、苦痛を軽減できる可能性があります。また、検査中の会話も可能です。

鎮静剤を使用した楽な内視鏡検査
咽頭反射が強く、過去に検査が苦しかった方や不安感の強い方に対し、眠っている間に通常の胃カメラを口または鼻から挿入して検査を実施しております。

好立地のアクセス
JR梅田駅、地下鉄西梅田駅より徒歩5分。アクセス至便で雨に濡れることなくお越しいただけます。また、鎮静剤を使用した検査後に車やバイク、自転車の利用はできませんので、安全な交通手段を利用して便利に帰宅できます。

胃内視鏡検査の施術の流れ

STEP
<前日>

検査前日の制限はありません。
※検査当日は朝から食事を摂らないでください。
 水やスポーツ飲料、お茶など透明なものは飲んでも構いません。

STEP
<当日> 受付

受付にお越しください。

STEP
前処置

・問診後、胃内の泡を消す消包剤を飲んでいただき、経口の方は麻酔液を口に含んでのどに麻酔をかけます。経鼻の方は鼻腔内に出血予防の薬剤を噴霧します。
・鎮静剤をご希望の方は検査室で注射をします。
・検査中の安全のために点滴をすることがあります。

STEP
検査

内視鏡検査には専門医のほかに必ず看護師が同室し、検査を受けられる方の状態を常に観察します。検査中は血圧や心拍数、酸素濃度など適宜モニタリングさせていただきます。検査時間は5~10分程度です。

STEP
検査後

鎮静剤を使用された方はリカバリールームで覚醒が確認されるまで安静にしていただきます。

STEP
帰宅

検査を受けられた方お一人 お一人に合わせて、看護師より当日以降の生活・食事指導をさせていただきます。

STEP
内視鏡検査結果説明

当日または後日、医師より写真をお見せしながら詳しく説明いたします。必要に応じて内服薬が処方されたり、次の治療に進むこともあります。

胃内視鏡検査の費用について

 項 目料 金 
胃内視鏡(観察のみ)¥5,500
胃内視鏡(生検あり 1ヶ所)¥9,500
胃内視鏡(生検あり 2ヶ所)¥13,000
※表示金額は3割負担の場合です。診察代、採血等は別料金になります。